アパート投資とワンルームマンション投資の比較

不動産投資といっても、アパートからマンションまで様々な経営スタイルがあります。

そこら辺がごちゃごちゃになって理解してしまっている人も少なくないはずです。

最近、不動産投資といえばワンルームマンションというくらいワンルームマンション投資の人気が高いようです。

アパート投資というとワンルームマンションに比べて手が出しにくい大きな投資と捉えがちですが、あなたがワンルームマンション投資を考えているならば、アパート投資も十分に視野に入れていい範囲になのです。

アパート投資ではほとんどの場合、建物の価値がなくなったとしても土地は資産ですので残ります。

資産を持っていると強いですし、中には数棟のアパートを経営されている方の資産は億単位になるほどです。

ワンルームマンションは、土地がほとんどの場合残らないので資産があるのとないのとでは非常に大きな差がありますよね。

他にもアパートとワンルームマンションとを比較すると利回りや税金などにも違いが出てきますので、自分にとってどちらが良いかはよく考えてから決めましょう。

不動産投資という言葉を聞いても自分には無縁だと思っていたので、リスクがある、失敗したら大変なことになるなどイメージでしか理解していませんでした。

不動産投資といっても対象になる物件はアパートからマンションまで様々ですし、中古か新築かによっても大きく違ってきますので、物件価格が比較的安い中古アパートなどは今ある貯蓄で購入することができるという人も多いのではないでしょうか。

今回はアパート投資とワンルームマンション投資の比較について調べてみましたが、大きく分けても資産、利回り、節税対策や投資額、入居率など同じ不動産投資でも様々な点に差がありました。

その中でも一番気になるのが物件の収益力をみる利回りだと思いますが、アパート投資の場合、利回り10パーセントが一般と言われていまるのに対して、ワンルームマンションは4パーセントほどの利回りです。

また、ワンルームマンションの一番のデメリットは投資先が一部屋なので空きが出た場合の収入がゼロになります。

他にもどのような違いがありそれぞれにどんなメリットがあるかを解説しているサイトがこちらにあります。

アパート投資への準備をチェック

不動産投資をお考えの方がいれば参考にしてください。